HOME>お役立ち情報>産廃業許可の申請が必要になったらプロに依頼しよう

産廃業許可の申請が必要になったらプロに依頼しよう

相談

産廃業許可申請の一般的な流れ

廃棄物の処理や運搬などを事業として行うには、産廃業許可を申請して受理される必要があります。初めに準備すべきなのが、申請書の作成です。基本的な情報に加えて、事業計画や扱う産業廃棄物の情報なども提出します。運搬に使う車両や保管する施設など事細かな書類作成が求められます。実際に事業を進められる力があることを示すために、技術的な能力の証明も必要です。これに関しては新規講習会が開催されているので、それを受講した上で修了証を添えればよいでしょう。これらを揃えた上で、地域の自治体へ受付の予約を入れ、申請を行います。管轄内で詳細な調査が行われ、追加で書類が必要な場合には作成します。全ての条件を満たすことができると、ようやく許可証が交付されます。後は運搬車に車両表示を明記し、事業を開始します。

弁護士

行政書士に依頼する際に把握しておきたいこと

煩雑な手続きが必要になることから、産廃業許可を申請する際には行政書士に依頼するのが一般的です。揃えるべき書類などを確認してもらえるので、手続きもスムーズに進み、事業の早期開始につながります。依頼する場合には、次の点について準備しておきましょう。まず会社に関する情報です。決算書や確定申告書の控えなどを揃えておきます。運搬に使う車両をすでに所有しているなら、その車検証も必要になります。なぜ申請する必要があるのかも聞かれます。その理由や扱う廃棄物などの情報をまとめておきましょう。許可が降りるには、欠格条項に該当しないことも求められます。それらを証明する書類も用意しておきます。大切なのが、事業を継続するための経済的基盤の有無です。これらの事柄について行政書士との最初の相談で尋ねられるので、準備しておく必要があります。

広告募集中