相続問題や借金トラブルは専門家に相談しよう

相続問題や借金トラブルは先に延ばせば延ばすほど事態が深刻になっていきます。自分で悩んでいても何も問題は解決しません。そこで、こうした人生を左右しかねない法律問題は、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談するといいでしょう。

司法書士が弁護士と違う部分

司法書士は登記に関する業務がメイン

司法書士の仕事は、不動産登記や商業登記といった登記業務がメインになります。しかし、司法書士の中でも認定司法書士と呼ばれる一定の条件をクリアした司法書士であれば、簡易裁判所で取り扱われる訴額が140万円までの民事事件については、弁護士と同じように法廷に立つことができます。

認定司法書士に法律問題を依頼する場合は上限あり

認定司法書士が取り扱える民事事件は訴額が140万円までに限られているので、たとえば借金が140万円を超える場合には司法書士は代理人になることはできません。また、自己破産の申立ては地方裁判所に行う必要があるため、司法書士は自己破産の代理人になることはできません。

早めに相談しよう

一日でも早く借金問題から解放されるために、自己破産や過払い金請求などの債務整理は早めに専門家に相談するようにしましょう。また、遺言書作成や家族信託といった相続対策についてもできるだけ早いうちに検討しておくのが賢明です。

専門家に依頼した方が良いトラブル内容

弁護士

債務整理は弁護士や司法書士に依頼

債務整理は、債権者との交渉や裁判所の手続き、必要書類の作成など手間がかかるものばかりなので、自分で全てをやるのは大変です。手続きが長引けばそれだけ借金も増えていくので、できるだけ早めに弁護士等に依頼しておきたいところです。弁護士等に依頼すれば、債権者の取り立てがストップするというメリットもあります。

家庭環境が複雑な場合に発生しやすい相続トラブル

兄弟の仲が悪い、婚外子がいるなど家庭環境が複雑な場合には、何も相続対策をしていないと相続財産をめぐってトラブルが発生するかもしれません。そこで、事前にトラブルを回避すべく弁護士等に相談して、遺留分に配慮した遺言書の作成などの手続きをしておくといいでしょう。

素人では難しい家族信託による財産管理の設計

相続対策や認知症対策として家族信託による財産管理の設計が注目されていますが、家族信託の手続きには高度な法律知識や実務経験が必要になります。素人が下手に手を出すと必ずしも有効な財産管理になるとは限りません。そこで弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのがおすすめです。

相続などのトラブルを深刻化させないためにも弁護士を頼ることが重要

相談

無料相談を利用する際の流れ

弁護士などの法律家に法律問題を依頼する場合には、まず相談をするところから始めます。法律事務所によっては、初回無料相談を実施しているところがあるので、ホームページ等で問い合わせてみるといいでしょう。中には、電話相談や出張相談などを実施しているところもあります。無料相談のアポを取り付ければ、当日までに相談内容のメモや指定された資料を準備しておきます。法的トラブルの時系列やどうしても聞いておきたい内容については紙にまとめておくといいかもしれません。相談時には自分が知っている内容をすべて話します。このとき嘘をついてはいけません。自分に不利な内容も正直に話しておかないと、後にトラブルが発生して面倒なことになってしまいます。併せて、依頼後に必要な弁護士費用についても確認しておくといいでしょう。

広告募集中